エレクトロポレーション導入ってなに?

エレクトロポレーション導入とは、「電気穿孔法(でんきせんこうほう)=エレクトロポレーション」と呼ばれるテクノロジーを使い、上皮の細胞膜に電気パルスをかけることでごくごく微小な穴をあけ、普通は皮下に浸透しない高分子な成分をイオン化せずに高分子のまま真皮層の下まで届ける事が出来る技術です。

もっぱら、本格的なエレクトロポレーション導入は医科や美容クリニックやメディカルエステで施術を受ける事が出来、専用の機械と専用の導入液によって、コラーゲン・ヒアルロン酸注入、シミ・肝斑除去、光老化・シワ抑制、ニキビ跡改善、脂肪分解、顔痩せ、部分痩せ、育毛・発毛、等色々な肌悩み・ニーズに対する効果が期待えきるとして近年非常に注目されている技術です。

エレクトロポレーションの効果とメカニズム

私たちの肌の構造を説明しますと、表面から表皮、真皮、皮下組織の3層でできており、表皮の一番上層には、角質層があります。この角質層はバリア機能をもっており、私たちの肌を外部の刺激から守ってくれる役割があります。

角質層は、レンガの塀のような構造になっており、角層細胞と角質細胞の間を細胞間脂質(セラミド)が、まるでレンガ同士の間を埋めるセメントのようにぴったりと埋め尽くしています。この角質層のレンガは、外部からの刺激を防いでくれたり、水分を保護して保ってくれているわけですが、その反面、化粧水や美容液などの美容成分を肌に浸透させようとしても、このレンガ構造により美容成分までもがバリアされてしまい角質層の下まで入っていってくれません。そのため、自宅でのスキンケアだけでは、肌の最も表面にある角質層までしか美容成分は浸透しないといわれています。

そこで活躍してくれるのがエレクトロポレーションです。エレクトロポレーションは特殊な電気パルスで振動を与えることによって、この細胞のレンガとレンガの間に一瞬だけ隙間を作ってくれるので、その隙間から美容成分を細胞の中に浸透させることができます。さらにその隙間は目には見えないとてもとても小さな穴であり、痛みもなく短時間でふさがるのでお肌への負担がかる心配もありません。

また、エレクトロポレーションは”針を使わない注射とも呼ばれています。一般的に美容成分を肌の奥に入れるためには、美容成分を注射して注入する必要がありましたが、エレクトロポレーションを使用することにより、肌に直接針を刺さなくても美容成分を肌の奥まで届けることがができ、肌に負担をかけることなく安全に高い美容効果を期待することができます。

エレクトロポレーションがイオン導入よりも美容効果が高い理由

エレクトロポレーションの他に、電気の力を利用して美容成分を導入する方法に、イオン導入があります。
イオン導入も電気を使って美容成分を肌の奥に浸透させることができる技術ですが、浸透させることのできる成分は、『イオン化できるもののみ』と限られています。ヒアルロン酸やコラーゲン、コエンザイムQ10などのイオン化できない成分は、肌の奥まで届けることができません。

その点エレクトロポレーションは肌の細胞にスキマを開けて有効成分を真皮層下まで浸透させるため、どのような成分でも導入することが可能です。さらにエレクトロポレーションの浸透力についてはイオン導入の約20倍と言われており、とても高い浸透力を期待することができます。

エレクトロポレーションの効果的な利用方法

エレクトロポレーションの一番の強みは、どんな成分でも肌の奥まで浸透させることが可能なため、悩みや目的によって導入する成分を選択することができるということではないでしょうか。

たとえばアンチエイジング重視の方はエラスチンやプラセンタ、毛穴が気になる方はビタミンC誘導体(APPS)、といった具合に、目的に合わせて美容液を選ぶことで、それぞれのお肌にの悩みに合った成分を導入することができるため、気になる部分を集中的に改善することができます。

エレクトロポレーション導入の注意点

エレクトロポレーションを導入する美容液を選ぶときには注意が必要です。『どんな成分でも浸透させることができる』ため適当な美容液を選んでしまうと、保存料や防腐剤、パラベンなどの肌に悪い成分まで浸透させてしまうことも懸念されます。心配な場合は、香料や保存料、防腐剤や界面活性剤の含まれない無添加の美容液を選ぶか、各メーカーのエレクトロポレーション美顔器専用の美容液を使用することがオススメです。

また、コスト面の話とすると、エレクトロポレーションの一回の効果は永続的ではなく、効果は数週間から1か月ほどで失われてしまうため、定期的に続けることが必要となります。なのでエステサロンや美容クリニックで施術を受ける場合はコスト面が高くなってしまうというデメリットがあります。
さらに導入可能な有効成分が多いため、従来のイオン導入などの施術よりも高額になってしまう場合が多いです。

費用面をなるべく抑えたいという方は、家庭用のエレクトロポレーションを購入することをオススメします。業務用と比べてしまうと性能は劣ってしまいますが、継続的なコストを抑えることができ、使い続けることによって効果を維持することが可能です。

エレクトロポレーション技術は美容以外でも研究

エレクトロポレーションの医療分野での研究の歴史は長く、1982年にはがん治療や様々な治療薬導入の方法として研究がされている技術だそうです。ただし、エレクトロポレーション技術の本格実施は現時点では調べる限りでは美容分野のみとなっており、今後も様々な分野に対しての応用が研究されている技術となっています。

エレクトロポレーション導入は信頼できる医療機関で!

エレクトロポレーションによる、美容成分の導入は、真皮下層まで有効成分を届ける事を目的としているため、使用する各種導入液は、医療レベルで安全な専用の液が望ましいとされています。

エレクトロポレーション導入の費用はケア内容によっても若干異なりますが、目的の成分導入1回あたり約5000円~10000円程度が相場です。期間としては2~4週間間隔で定期的に施術を受けるのが効果的だと言われています。 イオン導入と比較して、導入できる有効成分の幅が大きいので費用は高くなる傾向があります。

エレクトロポレーションのメリットとデメリット

【メリット】
■どんな美容成分でも真皮層下まで浸透させることができる。
■浸透力はイオン導入の20倍の効果!
■イオン導入と異なり肌のPH変化によるダメージがない。
■目的に合った美容成分を選ぶことで効果がさらにアップする。
■浸透力が高いため毛穴やアンチエイジングに高い効果が期待できる。

【デメリット】
■美容クリニックやエステで施術する場合、従来のイオン導入に比べて費用が高額。
■肌に悪い成分も浸透してしまうため、美容液選びに注意が必要。
■効果は永続的でないため定期的に続ける必要がある。

針を使わない美容注射エレクトロポレーション

エレクトロポレーションは”針を使わない注射”とも言われており、美容成分を確実に肌の奥の真皮層下まで浸透させてくれる画期的なアンチエイジング方法です。
浸透力の違いを実感し、肌のハリ・艶を取り戻してみてはいかかでしょうか。

ページのトップに戻る