レーザー美顔器は、シミやそばかすなど、肌の気になる部分を効果的に改善してくれる美顔器です。
レーザーというと、エステサロンや形成外科、美容外科などで、脱毛、シミやホクロの除去などに用いられるので、プロではないと扱えない難しそうな印象ですが、最近では、エステに通うと何十万もかかるレーザー美顔器が、お手頃な価格で購入できるようになりました。とはいえ、ちょっと手が出しにくい感じはしますよね。

では、ちょっと手が出しにくいと躊躇っている方も多いであろう、レーザー美顔器とはどのようなものかご紹介します。

病院で行えるのがレーザー治療、エステで行えるのは光治療 もともと、レーザー光線を放出する医療機器は、医師免許を所持している人しか扱えないことになっています。なので、エステサロンでの施術に使われているのは、特殊な光を用いた治療です。 もちろん光治療を行っている医療機関もありますが、医師免許を持たないエステサロンでの施術では、レーザー治療は行えません。

レーザーと光治療の違いは光の波長 一見同じように思われるレーザーと光治療のその違いは、放出する光の波長の幅や長さにあります。レーザーには幅が短い光、光治療には幅が長い光が使用されているのです。 マイルドな刺激を広範囲にわたって照射する光治療に対し、レーザーの方がパワーが強く、シミやそばかすにピンポイントで働きかけるので、お化粧やスキンケアではカバーしきれない深いシミに効果的です。  そんな中、レーザー美顔器は、家庭用にレーザーの出力が低く開発されおり、一般の方でも安全にレーザーを用いることができるのです。

気になるのが、レーザーの痛み。 レーザーを使う上での宿命ともいえるこの痛みですが、やはり、家庭用のレーザー美顔器でも、痛みがないというわけではありません。 家庭用に出力が低く設定され、大分痛みが少ないように開発されていますが、それでも「パチンッ」という弾かれたような痛みを感じるのは確かです。 こればかりは人によって、痛みに対する感度が違うので、耐えうるものかどうかはご自身で一度体験されみることをおすすめします。

ページのトップに戻る