全ページでご紹介したフォトフェイシャルの技術を、家庭でのスキンケアに取り入れられるのが、IPL美顔器です。

古い角質の除去やコラーゲンの生成、しみ・そばかすにもマルチに効くと言われているIPL(Intense Pulsed Light)とは、広い波長領域を持つ光のことで、極短時間のみ発光させるところが特徴です。

光は波長によって、肌へ届く深さが異なる性質を持っています。つまり、広い波長を持つということは、言い換えれば、様々な波長の光を発することができるので、肌の表面から内側まで働きかけることが可能となり、その結果、シミ、そばかす、たるみ、小じわ、コラーゲンの生成など、多くの肌トラブルに効果を得ることができるのです。

光の波長で肌に刺激を与えるという点は、レーザー美顔器と仕組みが少し似ていますが、レーザーは単一の波長を照射するのに対し、IPL美顔器は、波長の異なる複数の光を同時に照射できるので、一つの美顔器でも先にお話したような多くの効果が期待できると言われています。

しかし、パワーの面ではやはりレーザーのほうが強く、深いシミにはピンポイントでメラニン色素に反応するレーザー美顔器の方がより効果的だそうです。ただ、IPL美顔器は光がマイルドなので、レーザーのように痛みを感じることもなく、肌の弱い方も安心して使えます。 刺激が穏やかな分、効果が出るまでもにも時間を要するので、じっくりと気長に使うことが効果を得るカギと言えそうです。

ページのトップに戻る